• TPM-7
  • TPM-TAB
  • TPM-5
  • TPM-3
  • TPM-i
  • TPM-R
  • TPM2000
  • TPM1000
  • ADAS CALIBRATION

TPM-7 の一覧

アップデートのお知らせ

2022年11月30日TPM-7

▼ 続きを読む

【国産乗用車編】

≪トヨタ≫Ver.8.06

■診断メニュー項目を「全システム」「パワートレイン」「シャシー」「ボデー」から「個別システム」に変更しました。

■下記の作業サポートを追加/更新しました。

[エアコン]

– サーボモータ初期化

– 冷媒ガス量判定

– 中間差圧弁状態判定

– 冷媒充填モード

– 冷媒高圧異常履歴消去

– 冷媒回収準備モード

[クリアランスソナー]

– クリアランスソナー検知/ステアリング調整

※同名機能の別実装、適応車種は前期型C-HR(2016年12月~2019年9月)、最終型80系NOAH/VOXY/ESQUIRE(2019年1月~2021年12月)など

[ストップ&スタート]

– 電流積算値初期化

※Phase 5 ECUの対応、適応車種はLEXUS UX200/NX250/NX300/NX350、GRヤリスなど

≪ホンダ≫Ver.4.10

■FIT(GR1)の未対応の以下の作業サポートを対応しました。

 - AT/CVT 「CVT学習値クリア」

 - ABS/VSA「電子制御パーキングブレーキ メンテナンスモード」

■メンテナンスモード「EPB整備モード」にABS/VSA「電子制御パーキングブレーキ メンテナンスモード」を追加しました。

【輸入乗用車編】

≪VW,AUDI,BENTLEY≫Ver.4.84

■以下のシステムの診断を追加しました。

– 85.カメラECU

– 8E.イメージプロセスECU

■VW ビートル(5C)の作業サポート「バッテリーアダプテーション」を追加しました。

■Audi A6/A7(4G)とA8(4H)の作業サポート「フロントカメラキャリブレーション」を追加しました。

■作業サポート、カスタマイズで書込み、学習を行う前に日付設定をする手順を追加しました。

【国産トラック 編】

≪UD≫Ver.2.90

■2010年以降の車両のデータベース(2021/05/24)をアップデートしました。

■2021年、2022年車両の「レーンポジションおよびオブジェクトセンサ」システムの作業サポート、「レーンポジションカメラ」と「前方監視センサー」を追加しました。

アップデートのお知らせ

2022年10月31日TPM-7

▼ 続きを読む

【国産乗用車編】

≪ダイハツ≫Ver.5.80

■データベースを更新しました。

追加車両は以下の通りです。

タント / 2022/09(R04/09)- / KF(N/A,T/C)

■ステレオカメラ光軸調整の対応車両にタント(2022/09)を追加しました。

【国産トラック 編】

≪日野≫Ver.3.70

■メニュー「診断、作業サポート」に車両の自動検出機能を追加しました。

■2022年7月までの車両に対応しました。  

以下の機能が対象です。

 ・自己診断(故障コード読取、故障コードクリア、DTCヘルプ)  

・実測値

■小型トラックの排ガス記号「EV」を新規追加しました。  

対象システムは以下の通りです。  

「BEVシステム」

 「インバータB1」

 「ブレーキ」

 「Pロックアクチュエーター」

 「EPB:電動パーキングブレーキ」

 「EPS:電動パワーステアリング」

 「セントラルゲートウェイ」

 「セントラルゲートウェイ(サブ)」

 「ボディコントロールモジュール」

 「FCM:前方画像認識センサ」

 「LDWS:車線逸脱警報装置16MY以降(小トラ用)」

 「ドライビングサポート」

 「誤発進抑制機能」

 「接近通報システム」

 「エアコン」

 「エアバッグ」

 「スマートシステム」

≪日野≫Ver.3.71

■大型トラック・プロフィア(排ガス記号:PK/KS/KL)トランスミッションと 大型バス・セレガ(排ガス記号:LDG/LKG)サスペンションのデータモニタに対応しました。

≪UD≫Ver.2.80

■2010年~2016年の車両で以下のシステムシステムのデータモニタを追加しました。

– ESCOT

– VECU

– NICU

– ACM

アップデートのお知らせ

2022年9月30日TPM-7

▼ 続きを読む

【国産乗用車編】

≪トヨタ≫Ver.8.04

■ナビゲーションシステム作業サポートに「ダイアグノーシスモード移行」を追加しました。

■テレマティクス作業サポートに「通信機能休止中解除」を追加しました。

≪マツダ≫Ver.6.45

■FR(フロント レーダ センサ)の診断機能に「オンデマンド セルフテスト」を追加しました。

■「FSC 作業サポート」,および「エーミングモード」の「FSC(センシング カメラ)」にFSC 作動履歴の読出し機能を追加しました。

【国産トラック 編】

≪日野≫Ver.3.61

■以下のシステムがデータモニタに対応しました。

「エンジン&DCU」

「エンジン&Transmission」

「尿素SCR(DENSO)」

「ブレーキ」

「前方ミリ波レーダ」

「PCS:被害軽減ブレーキ」

「FCM:前方画像認識センサ(7型)」

「ドライビングサポート(Nidec)」

「ECT:電子制御式AT」

「ZF INTARDER3」

「トランスミッション(TRAXON) 250K」

「トランスミッション(TRAXON) 500K」

「ZF INTARDER3(500K)」

≪三菱ふそう≫Ver.4.75

■2010年~2016年の大型トラック(スーパーグレート)のEBS(ABS)システムに対応しました。

■2017年以降の大型トラック(スーパーグレート)、大型バス(エアロクイーン/エアロエース)に以下の作業サポートを追加しました。

システム:エンジン

– Y621 (EGRアクチュエータ) (6R20エンジン)

– ラムダ・コントロール・センサ (6S10エンジン)

– エンジン始動回数

– エンジン・スタータの回数(ISS)

– AdBlue®システム

– MIL カウンタリセット

– B1 カウンタ

– インジェクタ噴射量調整

アップデートのお知らせ

2022年8月29日TPM-7

▼ 続きを読む

【国産乗用車編】

≪マツダ≫Ver.6.44

■2021年度の車両に対する診断機能(DTC, データモニタ)をサポートしました。

車両確認画面  

– 項目名「PCM P.N.」 を 「Mod. P.N.」(モジュール部品番号)に変更しました。  

– 項目名「Engine」を追加し、エンジン型式を表示するようにしました。

【国産トラック 編】

≪日野≫Ver.3.60

■2022年2月までの車両のデータモニタに対応しました。  

ただし、以下の項目については未対応  

– トヨタ系のプロトコル「Phase5」のシステム

– システム「ZF INTARDER」および「トランスミッション(TRAXON)」

– 通信規格がKWP(K-Line)10400および9600

今回の修正で、日野選択後に表示される以下のメニューが変更されます。  

全ての機能  → (変更なし)  

自己診断、作業サポート → 診断、作業サポート  

※未対応の項目については順次対応していきます。

アップデートのお知らせ

2022年8月23日TPM-7

▼ 続きを読む

【国産乗用車編】

≪ダイハツ≫Ver.5.70

■データベースを更新しました。

追加車両は以下の通りです。

ムーヴ キャンバス / 2022/06(R04/06)- / KF(N/A,T/C)

■ステレオカメラ光軸調整の対応車両にムーヴ キャンバス(2022/06)を追加しました。

≪スバル≫Ver.5.74

■以下のOEM車両を追加しました。

ソルテラ(XEAM10X/YEAM15X) [トヨタ bz4x]

■フリーズフレームを追加しました。

レガシィ [BW/BT] (区分: B)

レガシィ [BN/BS] (区分: A~G)

インプレッサ/XV [GK/GT] (区分: A~F)

インプレッサ/XV [GJ/GP] (区分: A~F)

WRX/レヴォーグ [VB/VN] (区分: A~B)

WRX/レヴォーグ [VA/VM] (区分: A~G)

フォレスター [SK] (区分: A~D)

フォレスター [SJ] (区分: A~E)

エクシーガ [YA] (区分: H~J)

BRZ [ZD] (区分: A)

BRZ [ZC] (区分: A~H)

【国産トラック 編】

≪いすゞ≫Ver.5.40

■自動検出の機能が2022年6月頃までの車両に対応しました。

新規対応車両は以下のとおりです。

2020年車両

– SKW477

2021年車両

– SKW477

– フォワード

– エルフ

– ギガ

2022年車両

– ERGA

– ERGA MIO

– SKW477

– ギガ

2022年モデルまでの車両の自己診断に対応しました。

新規対応システムは以下のとおりです。

– High Deck all-wheel-drive EBS (Knorr)

– 交差点警報用CANコンバータ

2022年モデルまでの実測値に対応しました。

新規対応システムは以下のとおりです。

– 6UV1 CNG Immobilizer

– High Deck all-wheel-drive EBS (Knorr)

– 交差点警報用CANコンバータ

以下の作業サポートに対応しました。

エンジン

– DPD排気差圧学習

– サービス管理データリセット

– MAF学習

– 大気圧ゼロ点学習

– ラムダ学習値リセット

– NOx学習値リセット

– EEPROMエラー消去

– EDU フラグチェック

– EDU 学習

– DPD乾燥

尿素 SCR

– NOxセンサ 2 データリセット

1 2 3
ページトップへ