• TPM-7
  • TPM-TAB
  • TPM-5
  • TPM-3
  • TPM-i
  • TPM-R
  • TPM2000
  • TPM1000
  • ADAS CALIBRATION

TPM-7 の一覧

アップデートのお知らせ

2023年12月27日TPM-7

▼ 続きを読む

【国産乗用車編】

≪日産≫Ver.7.10
■キャラバンに型式「E26」を新規追加しました。(年式:10/2021)
 診断、一部のデータモニタ、作業サポート、エーミングモードに対応しました。
※注意
 今回追加したキャラバン(E26)とNV350キャラバン(E26)とは違う車両なので、
 キャラバンを選択しないと正確な診断が出来ません。

■スカイラインクーペ(CV36)のAFS作業サポート「レベライザ調整」を対応しました。

■NV150 ADおよびセレナ(C26)の一部の車両に対してAT/CVTのデータモニタを対応しました。

≪マツダ≫Ver.6.58
■CX-60の診断(故障コード読み取り・消去)に対応しました。

対応システムは下記のとおりです。
・PCM (エンジン。PHEVの車両では電駆制御となる)
・TCM (トランスミッション)
・ABS/DSC (ブレーキ)
・SAS (エアバッグ&シートベルト)
・EPS (パワステ)
・FSC (センシング カメラ)
・VCM (ビークルコントロール)
・FR (フロント レーダ)
・FSRL (左フロント サイド レーダ)
・FSRR (右フロント サイド レーダ)
・ALH/AFS/ALM (ヘッドライト)
・DASH_ESU (エアコン)
・BCM (ボディー)

「KH5S3P」の型式は下記システムも対応しています。
・ECM (PHEVでの内燃機関制御)
・DMCM (モータ。PHEVのみ)
・OBC (充電制御ユニット(普通充電)
・BPS (バックアップ電源システム)

「KH3P」の型式は下記システムも対応しています。
・BPS (バックアップ電源システム)

■CX-30、MX-30、MAZDA3で、下記の作業サポートに対応しました。

機能はつぎのとおりです。
システム:FR,FSRL,FSRR(レーダ)※1
・エーミング モードの設定状態
・FR & FSR 同時エーミング ※2 ※3 ※4
・FSR 走行エーミング ※2 ※3

※1 現行の「FR(フロント レーダ センサ)」システム名称を変更しました。
※2 FSRとは、「FSRL」と「FSRR」を総括した名称です。
※3 FSRの走行エーミングを実施するためのエーミングモードに移行します。
   FSRL(左前サイド レーダ)は、「左前サイド レーダ 走行エーミング」を選択してください。
   FSRR(右前サイド レーダ)は、「右前サイド レーダ 走行エーミング」を選択してください。
※4 FRの「走行エーミング」を実施できます。

アップデートのお知らせ

2023年11月30日TPM-7

▼ 続きを読む

【国産乗用車編】

≪日産≫Ver.7.06
■スカイラインハイブリッド(現行HV37)に対して以下の内容を追加しました。
 - 実測値(データモニタ)の追加
  ・AT/CVT
・EHS/PKB

  • アクティブテストの追加
      ・EHS/PKB
       「パーキングブレーキ全解除」
  • 作業サポートの追加
      ・AT/CVT
       「キャリブレーションデータ」
      ・EHS/PKB
       「初期位置調整」
      ・車間自動制御システム/ADAS
       「自動キャンセル要因1」
       「自動キャンセル要因2」
       「自動キャンセル要因6」
       「ステアリングトルクキャリブレーション」
      ・高精度地図データモジュール
       「Gセンサキャリブレーション」
      ・ドライバーモニタカメラ
       「ドライバーモニタカメラ キャリブレーション」
       「ドライバーモニタカメラ キャンセル要因」
      ・サイドレーダ(フロント左)
       「サイドレーダ調整」
      ・サイドレーダ(フロント右)
       「サイドレーダ調整」
      ・サイドレーダ(リヤ左)
       「サイドレーダ調整」
      ・サイドレーダ(リヤ右)
       「サイドレーダ調整」
  • エーミングモードの追加
      ・サイドレーダ(フロント左)
       「サイドレーダ調整」
      ・サイドレーダ(フロント右)
       「サイドレーダ調整」
      ・サイドレーダ(リヤ左)
       「サイドレーダ調整」
      ・サイドレーダ(リヤ右)
       「サイドレーダ調整」
  • EPB整備モードの追加
      ・EHS/PKB
       「初期位置調整」
       「パーキングブレーキ全解除」
       「ブレーキ状態確認」

■KICKSに対して以下を追加しました。
 - 実測値(データモニタ)の追加
・EHS/PKB

  • アクティブテストの追加
      ・EHS/PKB
       「パーキングブレーキ全解除」
  • 作業サポートの追加
      ・EHS/PKB
       「初期位置調整」
  • メンテナンスモード「EPB整備モード」の追加
      ・EHS/PKB
       「初期位置調整」
       「パーキングブレーキ全解除」
       「ブレーキ状態確認」

■DAYZに対して以下を追加しました。
 - 実測値(データモニタ)の追加
・EHS/PKB

【国産トラック編】

≪FUSO≫Ver.4.83
1.以下の車両のシステムにデータモニタを追加しました。
■2021年モデル 大型トラック(スーパーグレート)
・ 近接領域レーダ(SRR)
■2019年モデル 中型トラック(ファイター)
・ 近接領域レーダ(SRR)
■2010年モデル 小型トラック(キャンター)
・ ISS
■2020年モデル 小型トラック(キャンター)
・ ISS
・ 近接領域レーダ(SRR)
■2010年モデル 小型トラック(キャンターECO)
・ ISS
・ モータコントロール(EMCM)
・ バッテリコントロール
■2011年モデル 小型バス(ローザ)
・ ISS

2.以下の車両のシステムに作業サポートを追加しました。
■2021年モデル 大型トラック(スーパーグレート)
・ 近接領域レーダ(SRR)

  • キャリブレーション
    ■2019年モデル 中型トラック(ファイター)
    ・ 近接領域レーダ(SRR)
  • キャリブレーション
    ■2010年モデル 小型トラック(キャンター)
    ・ ISS
  • オートマチック・エンジン・スタート・ストップ 作動記録情報削除
    ■2020年モデル 小型トラック(キャンター)
    ・ ISS
  • オートマチック・エンジン・スタート・ストップ 作動記録情報削除
    ・ 近接領域レーダ(SRR)
  • キャリブレーション
    ■2010年モデル 小型トラック(キャンターECO)
    ・ ISS
  • オートマチック・エンジン・スタート・ストップ 作動記録情報削除
    ・ モータコントロール(EMCM)
  • インバータ内電流センサ
  • モータ内回転センサ
  • インバータ内電圧センサ
    ■2011年モデル 小型バス(ローザ)
    ・ ISS
  • オートマチック・エンジン・スタート・ストップ 作動記録情報削除

アップデートのお知らせ

2023年10月27日TPM-7

▼ 続きを読む

【国産トラック編】

≪いすゞ≫Ver.5.60
■ 自動検出の対象車両を更新しました。

■ 2023年モデルまでの車両に対応しました。
新規車両は次のとおりです。
2022年モデル車両

  • FC Truck

2023年モデル車両

  • エルフ
  • エルガ
  • ERGA MIO
  • ギガ
  • SKW477

■ 2023年モデルまでの車両の自己診断に対応しました。
新規システムは以下のとおりです。

  • ISIM
  • CAN Converter (FC Unit)
  • HVAC (オートエアコン)
  • 新統合ECU
  • 電動パワーステアリングユニット
  • HU/ABS(ZF)
  • 電動パーキングブレーキ
  • インストルメント パネル クラスタ
  • Display Audio
  • バッテリーイコライザー
  • IO Controller
  • ワイヤレスアクセスモジュール
  • DMS カメラ
  • SRR(FR)
  • SRR(FC)
  • SRR(FL)
  • オートライト

■ 2023年モデルまでの車両の実測値に対応しました。
新規システムは以下のとおりです。

  • ISIM
  • HVAC (オートエアコン)
  • 電動パワーステアリングユニット
  • HU/ABS(ZF)
  • SAS (ステアリング舵角センサー)
  • バッテリーイコライザー
  • IO Controller
  • ワイヤレスアクセスモジュール
  • DMS カメラ
  • SRR(FR)
  • SRR(FC)
  • SRR(FL)
  • オートライト

■ 2011年~2021年モデルのエルフで以下の作業サポートに対応しました。
ABS

  • タイヤ径書き込み

アップデートのお知らせ

2023年9月28日TPM-7

▼ 続きを読む

【国産乗用車編】

≪トヨタ≫Ver.8.27
■以下のブレーキ作業サポート(Phase 5 ECU用)を追加しました。

  • 電子制御ブレーキサポート
  • アクチュエータ強制リフレッシュ
  • ブレーキラインエア抜き
  • ブレーキシステムエア抜き

≪ホンダ≫Ver.4.18
■新型ステップワゴン e:HEVのシステム「カメラ/レーダ統合制御システム」のエーミングに新規対応しました。
 対応項目は以下の通りです。
  – 静止レーダエイミング
  – 走行レーダエイミング
  – 静止カメラエイミング
  – 走行カメラエイミング
  – 走行エイミング(レーダ及びカメラ)
  – 画像記録設定
  – 画像消去
■新型ステップワゴン e:HEVがエーミングモードに対応しました。
 対応項目は以下の通りです。
  – 静止レーダエイミング
  – 走行レーダエイミング
  – 静止カメラエイミング
  – 走行カメラエイミング
  – 走行エイミング(レーダ及びカメラ)
 ※「走行レーダエイミング」はエイミング完了までにカメラエイミングに比べて時間がかなりかかります。(走行環境によってですが、約15分~30分)
  「走行エイミング(レーダ及びカメラ)」も同様

≪マツダ≫Ver.6.55
■ 2022年度発売車を追加しました。
追加車両は次のとおりです。
・MAZDA3
型式:BPFJ3P
・CX-30
 型式:DMEJ3P
■次のシステムの自己診断(DTC読取/消去のみ)を下記車両に対応しました。
・充電制御ユニット(EV/PHEV普通充電)

  • MX-30 (EV車限定)
    ・フロント サイド レーダ (左)
  • 2019年以降発売車のMAZDA3、CX-30、MX-30
    ・フロント サイド レーダ (右)
  • 2019年以降発売車のMAZDA3、CX-30、MX-30

【国産トラック編】

≪FUSO≫Ver.4.81
1.2019年式 路線バス(エアロスター)のシステムリストにGWSB「ゲートウェイ 特殊ボディ」を追加しました。
2.以下のシステムのデータモニタを追加しました。
■2010年式 中型トラック(ファイター)
・ エンジン(エンジン型式: 4V20)
■2019年式 中型トラック(ファイター)
・ エンジン(エンジン型式: 4V20、6M60)
・ ACM
■2019年式 路線バス(エアロスター)
・ エンジン(エンジン型式: 6M60)
・ ACM
3.以下のシステムの作業サポートを追加しました。
■2010年式 中型トラック(ファイター)
・ エンジン(型式 4V20)

  • DPF強制再生
  • 認識値’車両走行距離(AdBlue®システム エラー)’のリセット
  • 認識値’車両の走行距離(AdBlue®品質 エラー)’のリセット
  • AdBlue®品質の点検
  • 構成部品’レール内プレッシャ・リミッタ・バルブ’の認識値のリセット
  • エンジン始動制限の解除 (AdBlue®品質 エラー 解除)
    ■2019年式 中型トラック(ファイター)
    ・ エンジン(型式 6M60)
  • DPF強制再生
  • 構成部品 ‘燃料高圧ポンプ’ のキャリブレーション
  • 認識値’エンジン・スタートの回数’のリセット
  • 構成部品’パティキュレート・フィルタ’の認識値のリセット
  • 構成部品’SCR触媒’の認識値のリセット
    ・ エンジン(型式 4V20)
  • DPF強制再生
  • 認識値’車両走行距離(AdBlue®システム エラー)’のリセット
  • 認識値’車両の走行距離(AdBlue®品質 エラー)’のリセット
  • AdBlue®品質の点検
  • 構成部品’レール内プレッシャ・リミッタ・バルブ’の認識値のリセット
  • 認識値’エンジン・スタートの回数’のリセット
  • エンジン始動制限の解除 (AdBlue®品質 エラー 解除)
    ・ ACM
  • 認識値’車両の走行距離 (AdBlue®システム エラー)’のリセット
  • 認識値’車両の走行距離 (AdBlue®品質 エラー)’のリセット
  • AdBlue® 品質の点検
  • 構成部品’AdBlue® メタリング・ユニット’の認識値のリセット
  • 構成部品’SCR触媒’の認識値のリセット
  • 構成部品’NOxセンサ’の認識値のリセット
  • 構成部品’排気ガス温度センサ’の認識値のリセット
  • エンジン始動制限の解除 (AdBlue®品質 エラー解除)
    ■2019年式 路線バス(エアロスター)
    ・ エンジン(型式 6M60)
  • DPF強制再生
  • 構成部品 ‘燃料高圧ポンプ’ のキャリブレーション
  • 構成部品’パティキュレート・フィルタ’の認識値のリセット
  • 構成部品’SCR触媒’の認識値のリセット
    ・ ACM
  • 認識値’車両の走行距離 (AdBlue®システム エラー)’のリセット
  • 認識値’車両の走行距離 (AdBlue®品質 エラー)’のリセット
  • AdBlue® 品質の点検
  • 構成部品’AdBlue® メタリング・ユニット’の認識値のリセット
  • 構成部品’SCR触媒’の認識値のリセット
  • 構成部品’NOxセンサ’の認識値のリセット
  • 構成部品’排気ガス温度センサ’の認識値のリセット
  • エンジン始動制限の解除 (AdBlue®品質 エラー解除)
  • 4.以下の車両の特殊機能「DPF点検」を追加しました。
  • ■2010年式 中型トラック(ファイター) エンジン型式:4V20
  • ■2019年式 中型トラック(ファイター) エンジン型式:4V20
  • ■2019年式 中型トラック(ファイター) エンジン型式:6M60
  • ■2019年式 路線バス(エアロスター) エンジン型式:6M60

アップデートのお知らせ

2023年8月30日TPM-7

▼ 続きを読む

【国産乗用車編】

≪日産≫Ver.7.05

■サクラ(KE0)の作業サポートを対応しました。
 - EV/HEV・クーリングファン積算作動時間クリア
 - EV/HEV・CPU交換時データ保存
 - EV/HEV・CPU交換時データ書き込み
 - EV/HEV・バッテリ容量低下データクリア
 - EV/HEV・高電圧バッテリJ/Bデータクリア
 - EV/HEV・特殊DTCクリア
 - EV/HEV・VIN登録
 - ABS・初期位置調整
 - ABS・前後Gセンサキャリブレーション
 - ABS・舵角センサ調整
 - ABS・システムモード切替
 - VSP・VSP音量レベル変更
 - HVAC・アクチュエータ原点リセット
 - レーンカメラ・カメラエーミング
 - LASER/RADAR・ミリ波レーダ光軸調整
 - AVM・カメラキャリブレーション(フロントカメラ)
 - AVM・カメラキャリブレーション(助手席側サイドカメラ)
 - AVM・カメラキャリブレーション(運転席側サイドカメラ)
 - AVM・カメラキャリブレーション(リヤカメラ)
 - AVM・トップビュー微調整
 - AVM・トップビュー境目の強調表示
 - AVM・警告文言語切替
 - AVM・予想進路線表示
 - AVM・自動キャンセル要因(Entry)
 - AVM・MOD機能
 - 車間自動制御システム/ADAS・自動キャンセル要因1
 - 車間自動制御システム/ADAS・自動キャンセル要因2
 - 車間自動制御システム/ADAS・自動キャンセル要因6
 - 車間自動制御システム/ADAS・ステアリングトルクキャリブレーション
 - 車体番号読取

■KICKS(P15)のシステム「HVバッテリ」のデータモニタを対応しました。

■エクストレイル・ハイブリッド(HT32)のシステム「EV/HEV」の作業サポートを対応しました。
 - クラッチ1ゼロ点位置学習
 - Gセンサキャリブレーション

■エクストレイル・ハイブリッド(HT32)のシステム「EV/HEV」のアクティブテストを対応しました。
 - 整備モード1
 - 整備モード2
 - 整備モード3
 - 整備モード5
 - クランキング
 - ウォータポンプ
 - 可変電圧

■スカイライン・ハイブリッド(HV37)のシステム「EV/HEV」のアクティブテストを対応しました。
 - 整備モード1
 - 整備モード2
 - 整備モード3
 - 整備モード5
 - クラッチ2初期調整
 - クランキング
 - ウォータポンプ
 - 可変電圧

■ノートe-POWER/オーラ(HE13)のシステム「EV/HEV」のアクティブテスト「整備モード要求」を対応しました。

■メンテナンスモード「HV整備モード」に日産車両が新たに対応しました。
 現在対応しているほぼ全ての車両(e-POWER車やハイブリッド車)にて「整備モード」が可能となります。

【国産トラック編】

≪FUSO≫Ver.4.80
1.以下の車種の診断を追加しました。
■大型トラック(スーパーグレート)
年式: 2021年以降の車両
■小型トラック(キャンター)
年式: 2020年以降の車両

2.2010年以降の車両で故障内容の所に故障の状態を表示していたシステムを
  タブで現在故障、過去故障と表示するように変更しました。

3.大型トラック(スーパーグレート)の以下の年式とシステムのデータモニタを追加しました。
■2017年式,2019.5年式
・ CPC
■2021年式
・ エンジン
・ CPC
・ ACM

4.大型トラック(スーパーグレート)年式: 2021年以降のエンジンとACMの作業サポートを追加しました。(内容は2017、2019.5年式と同じなので省略します。)

1 2 3 4 5 6
ページトップへ