• TPM-7
  • TPM-TAB
  • TPM-5
  • TPM-i
  • TPM-R
  • TPM2000
  • TPM1000
アップデートのお知らせ

2021年5月18日TPM-5


【国産乗用車 編】
≪日産≫   ver6.79
2020年8月までの車両で全自己診断に対応しました。
追加車両詳細は下記URLよりご参照下さい。

https://www.toolplanet.jp/wp-content/uploads/2021/04/2021-4-20-update-new-pdf.pdf

カメラエ-ミングに対応しました❕❕
・KICKS / HP15 2020/03まで
・DAYZ / AA1    2020/05まで
・ルークス / BA1 2020/01まで

≪日産≫   ver6.78
カメラエーミングの入力仕様を整備書に合わせて新しくしました。
計測したホイールアーチの高さと、整備書に記載されている車両基準値を入力するようになります。

≪スズキ≫   ver4.61
下記の作業サポートに対応しました。
[オートレベリング]
・車高値初期化

[レーダブレーキサポート]
・バリアント書込み

[AGS(Auto Gear Shift)]
・メンテナンス用変速回数初期化

≪スズキ≫   ver4.60
2020年9月までの車両の全自己診断・デ-タ-モニターに対応しました。

≪ダイハツ≫  ver5.52
2020年11月までのタントのステレオカメラ光軸調整が対応しました。❕❕

≪スバル≫   ver5.52
キャンセルコード読取機能を追加しました。
インプレッサ/XV [GK/GT] (区分: A~E)
フォレスター [SK] (区分: A~C)

  • エンジン(クルコンキャンセルコード)
  • トランスミッション(再始動キャンセルコード)
  • アイドリングストップ(再始動キャンセルコード)
  • ハイブリッドパワートレインコントロール(クルコンキャンセルコード)
  • アイサイト(EyeSight一時停止コード、追従クルコンキャンセルコード、渋滞時追従支援/車線中央維持キャンセルコード、
    渋滞時追従支援/車線中央維持非作動コード、車線逸脱抑制非作動コード)
  • 後側方警戒支援システム(RH)(キャンセルコード)
  • 後側方警戒支援システム(LH)(キャンセルコード)
  • 後退時自動ブレーキ(キャンセルコード)
  • ドライバーモニター(キャンセルコード)
    BRZ [ZC] (区分: A~H)
  • エンジン(クルコンキャンセルコード)

≪マツダ≫  ver6.25
RVMまたはBSMのエーミングに対応しました。❕❕
(RVMとBSCに対しては、DTC読取り/消去/データモニタ表示も行えます)
・RVMエーミング: アテンザ GH系
・BSMエーミング: CX-3(DK5AW/DK5FW の2015年2月から2016年10月まで)
故障コードの読取り消去の対象システムを追加しました。
CX-3   : BSM, CMU, DCDC, DSM, EPB, ESU, HUD, SSU
アテンザ GH系 : RVM, MPM, LCM
アクセラ BM系 : AM, CMU, DCM, DSM, EPB, HUD, SSU

≪マツダ≫  ver6.24
BSM(ブラインド スポット モニタリング)のエーミングに対応しました。❕❕
(BSCに対しては、DTC読取り/消去/データモニタ表示も行えます。)
・デミオDJ系の年式2014年から2016年の車両

≪マツダ≫  ver6.22
RVM(リヤ ビークル モニタリング)、BSM(ブラインド スポット モニタリング)のエーミングに対応しました。❕❕
(RVMとBSCに対しては、DTC読取り/消去/データモニタ表示も行えます)
・RVMエーミング: 2009年~2016年までの AXELA(BL系) / CX-7            
・BSMエーミング: ROADSTER(ND系の年式が2017年以前の車両)
故障コードの読取り消去の対象システムを追加しました。
・ROADSTER(NC系)-RHT, DHS
・ROADSTER(ND系)-AM, BSM, CMU, ESU, EVP, RHT, HUD, SSU
・RX-8(2003年以降) – SASM
・RX-8(2008年以降) – LCM
・AXELA(BL系)- ACU, LCM, MID, RVM, BSML, BSMR 
・AXELA (BM6FJ)- AM, CMU, DCM, DSM, EPB, HUD, SSU
・CX-7 (2006年以降) – AM , LCM
・CX-7 (2009年以降) – ACU, AM , LCM, MID, RVM

【国産トラック 編】

≪いすゞ≫
2007年以降の車両で車両選択時に自動検出機能を追加しました。



ページトップへ