• TPM-5
  • TPM-i
  • TPM-R
  • TPM2000
  • TPM1000

エーミング関連 の一覧

TPM-R エーミング作業について

2020年4月15日エーミング関連

エーミング作業について

エーミング作業を実施するにあたり作業環境の確保や計測器、ターゲットが必要になります。

エーミング調整に必要なリフレクターなどのSST(スペシャルサービスツール)につきましては 弊社では取扱いがございません。メーカーまたは取扱店へお問合せください。
また、以下の手順書等につきましては誤りがある場合がございますので、詳しくはメーカー発行の整備書でご確認ください。

●作業環境:※例:トヨタの場合

  1. 水平な場所に車両を設置して車両前方に縦横3mのスペース(参考図)を確保します。

-注意-
・前方に電波を反射する金属類がない事(ミリ波レーダ調整時)
・逆光やターゲットパターンに類似する物がない事(カメラ調整時)

●計測器:

  1. 巻尺
  2. 曲尺
  3. 錘をつけたタコ糸
  4. 水平器
  5. マスキングテープ

●ターゲット:

  1. レーダのリフレクターはメーカー指定のツールを購入する必要があります。(参考画像)
  2. カメラのターゲットはメーカー整備書を参照して自作する必要があります。(参考画像)

●その他:

  1. クリアランスソナー調整時にはデジタル角度計が必要です。(参考画像)

各メーカーのエーミング作業手順

トヨタ・レクサス

ニッサン

三菱

ホンダ

マツダ

スバル

ダイハツ

スズキ



ページトップへ